少年は夢を抱いた

アインシュタイン式サイクル

【S12最終42位】サンダーノラゴン亜種(2116)

~あいさつ~

どうも 。
漆原ことUruと申すものです。

S12のシングルバトルにて、使用した構築を紹介します。
構築名は、サンダーノラゴンはいっぱいいたのに、僕のだけ意味わからん並びになったから付けました。
新環境で準伝説が登場し、何故か僕の構築にはヤドキングがいました。

並びはこちら。

 

 

f:id:Uru_poke:20201201105558p:plain

f:id:Uru_poke:20201201210319j:plain








~構築経緯~

f:id:Uru_poke:20201201193224p:plainf:id:Uru_poke:20201002235408p:plainf:id:Uru_poke:20200301014855p:plain

・きよみずさん(@Honey_Bee_1227)から蜻蛉サンダー+ウオノラゴン+ナットレイの原案を教えてもらい、構築の組み方の綺麗さに惚れて軸にすることを決意。

f:id:Uru_poke:20201201193603p:plain

・上記の三匹では竜が圧倒的にきつく、特に初手のドラパルトやカイリューに対して不利をとるため、タイプ相性有利かつ欠伸で初手DMを流し、対面操作できるニンフィアを採用。

f:id:Uru_poke:20201201193754p:plain

・ここまででサンダーやレジエレキをはじめとした電気タイプが重かったため、電気の一貫を切りつつ後攻蜻蛉返りで対面操作が出来るランドロスを、初手DMサンダーと打ち合えるようにHAチョッキで採用。

f:id:Uru_poke:20201201193937p:plain

・最後にサンダーに弱くなく、汎用性を損なわずに受けを崩せる枠を探していたところ、あいまるくん(@Aimaru4218)から「ヤドキングだよ」と言われその一言だけで適当に調整を考えた悪巧みヤドキングを採用。構築が完成した。


~コンセプト~
・ウオノラゴンでしゃぶる回数を稼ぐ
ニンフィアでDMを流してからヤドキングで詰める
・サンダーノラゴンの響きのかっこよさ

 

~個体紹介~


ランドロスとつげきチョッキ

f:id:Uru_poke:20201201205331p:plain

能力値:196(252)-216(252)-111(4)-×-100-111
性格:いじっぱり 特性:いかく
じしん そらをとぶ ストーンエッジ とんぼがえり

 

電気の一貫切り+威嚇のためだけに採用した。1匹目だが正直この枠に関しては諸説。初手DMサンダーぽい時や、ジバコイル入りや地面の一貫があるパーティには出せたが、役割対象以外への性能を自分が信じ切れず、選出率は圧倒的最下位だった。それでも出したときは役割通りの活躍を見せてくれたため、さすがは準伝説といった地力を感じた。

 

ナットレイ@たべのこし

f:id:Uru_poke:20201201205430p:plain

181(252)-114-179(92)-×-157(166)-22
性格:のんき 特性:てつのとげ
パワーウィップ ジャイロボール はたきおとす やどりぎのタネ

 

今期もナットレイの呪縛から逃れることが出来なかった。原案から調整は変えて、ミミッキュ剣舞珠ダイホロウ確定耐えで余りD。ウオノラゴンできつい死に出しミミッキュ対面での安定した引き先になる。有利対面ではたきおとすを打つことにより、宿り木よりも負荷がかけられるため重宝した。スカーフ等をはたきおとせば裏のウオノラゴンを通しやすくなる。パワーウィップはポリ2の身代わりを壊せるため採用。気合で三回当てればはたきおとすと合わせてポリゴン2を突破できる。

 

・サンダー@回復実

f:id:Uru_poke:20201201205452p:plain

197(252)-×-150(252)-145-110-121(4)
性格:ずぶとい 特性:せいでんき
ボルトチェンジ ぼうふう ねっぷう はねやすめ

 

とんぼがえりは地面相手にも対面操作ができて便利だったが、終盤に増えたカミツルギナットレイを安定して処理するためにねっぷうを採用した。絶対HPは4nの方がいい。相当流行っていたこともあり、終盤は大分選出し辛かったがそれでもボルトチェンジ+ウオノラゴンの制圧力は見事だった。素暴風を打たないといけない場面が多数存在するのがマイナスポイント、心臓に悪かった。僕に関しては7割技はやっぱり採用するべきではない。

 

・ウオノラゴン@こだわりスカーフ

f:id:Uru_poke:20201201205510p:plain

能力値:165-156(252)-120-×-101(4)-127(252)
性格:いじっぱり 特性:がんじょうあご
エラがみ げきりん サイコファング ねむる

 

エスバランドの流行りによって今期のトレンドになったポケモン。ほかのポケモンの対面操作から、エラがみを打つだけで相手のポケモンが倒れていくし、相手にダイマを誘発させる性能も高い。相手視点の行動を考えやすいポケモンだった。レヒレナットレイもサイクルの中で3回くらいエラがみで殴れば倒せるので選出率は1位だった。こだわりロック解除のダイマックス、やってて楽しかった。

 

ヤドキング@くろいヘドロ

f:id:Uru_poke:20201201205556j:plain
201(244)-×-110-173(220)-130-56(44)
性格:ひかえめ 特性:さいせいりょく
サイコショック ヘドロばくだん かえんほうしゃ わるだくみ

 

MVP。調整はSがドヒドイデ抜きで余りC。終盤に多かったラキカグヤドヒドのような受けをすべて一人で破壊しててびっくらこいた。ウオノラゴンがいる関係で相手のドヒドイデがほぼ出てくるため腐りづらい。後述のニンフィアで相手のサンダーのDMを流すことで、ヤドキングでサンダーを突破することが可能になる。わるだくみを積んだ後の火力が病みつきになるため、もっと増えてもいいポケモンだと思った。再生力で回復しているとき、かつての相棒ヤドランが思い出されてめっちゃ懐かしかった。

 

ニンフィア@オボンのみ

f:id:Uru_poke:20201201205624p:plain

202(252)-×-128(252)-130-150-81(4)
性格:ずぶとい 特性:フェアリースキン
ハイパーボイス マジカルフレイム あくび ねがいごと

 

採用意図通り、相手の竜を流せ、サンダー等にも耐えて欠伸で流す動きが強い。個人的には今期刺さっていたポケモンだったと思う。サンダーノラゴンをみて初手に出てくるドラパルトやカイリューのDMを、一発耐えながら欠伸を入れることで最低限の仕事ができる。ねがいごとを入れることで持久戦が可能になり、裏のポケモンを蘇生することが可能。ただ、自分が欠伸を使い慣れて無さすぎるせいで、初手のポケモン(特にランドロス)が全部ラム持ちに見えてしまい、何度か欠伸を打てなかったことは反省点。ここは筋トレが必要かなとも思った。難易度が高いポケモンな気がする。ニンフィアがいるだけで構築のおしゃれ度上がるのはGood。

 

~選出~

基本選出

f:id:Uru_poke:20201002235408p:plainf:id:Uru_poke:20201201193224p:plainf:id:Uru_poke:20200301014855p:plain

 ドラパ等竜がいるとき

f:id:Uru_poke:20201002235408p:plainf:id:Uru_poke:20201201193603p:plainf:id:Uru_poke:20200301014855p:plainorf:id:Uru_poke:20201201193937p:plain

なんでこうなった選出(竜+サンダーとか)

f:id:Uru_poke:20201201193603p:plainf:id:Uru_poke:20201201193937p:plainf:id:Uru_poke:20200301014855p:plain

~重いポケモン

バンギラス

ドサイドン

クレセリア等々

~結果~

TN ハイセ  最終42位(2116)
TN のびたぽけ♪  最終272位(2016)

f:id:Uru_poke:20201201204938j:plain

f:id:Uru_poke:20201201204949j:plain



~終わりに~

新環境、時間がないながらに一定の成績を残せて嬉しかったです。最近はポチべも回復し、精力的にポケモンに取り組めているのでこれを継続できるように頑張りたいです。二期連続結果を残せていないので、当面はそれを目標にしたいと思います。後最終1桁頑張って取りたいです。僕はごく普通のポケ勢なので、リプでも通話でも気軽に絡んでくれたら嬉しいです。ではでは。

 

と、最後に。

大変恐縮ですが、Frontierというリーグの主催をさせていただいています。
今までになかった形式で、まあ色々あるとは思いますが、見る分には絶対楽しいはずなのでYoutubeにて是非1度ご視聴ください!次回は12/5(土)19:00-下記のチャンネルで配信します。今期の最終2桁同士の対戦も見れることでしょう。ではでは。

www.youtube.com

 

~Special Thanks~

・構築原案をくれたきよみずさん
・個体提供してくれたもとみやくん
・PPをふやしてくれたしゃろちゃん
・終盤までギャラナットを使って考えてくれたてぃーぽっとさん
ヤドキングを提案してくれたあいまるくん